line_oa_chat_211214_164455_edited_edited.jpg

Queen's Session Hazy

ABV : 
4.2%
OG : 
1.049
FG : 
1.016
IBU : 
12.2
Water Rate (SO4/Cl) : 
0.4
Malt 
Pilsner, Wheat, Oats
Hops
Boil/WP Hop : Centennial
Dry Hop : African Queen, Citra, Columbus
Yeast
London Fog
Other
Lactose

「アフリカンクイーン」という南アフリカ産ホップを使って、セッションヘイジーIPAを作りました!

最近でリパブリュー内でブームの南アフリカ産ホップ。今回使った「アフリカンクイーン」は、2014年に商品化された南アフリカ原産のホップです。詳しい情報があまり出回っていないのですが、ダンクな香りとベリーの香りが特徴的だそうです。

この「Queen's Session Hazy」は、ボイルホップにはセンテニアルを、ドライホップには「アフリカンクイーン」と、柑橘・トロピカルな香りが特徴の「シトラ」の2種をメインに使用したことで、ホップのアロマがしっかり感じられつつ、ドリンカビリティも併せ持つヘイジーセッションIPAになりました!

アロマは、最初はグレープフルーツのようなシトラス感。その後グラッシー・ダンクさと少しマンゴーや桃系のストーンフルーツ系の香りも感じます。

乳糖によるやさしい甘みがあり、アルコール度数も4.3%で後味は軽め。セッションらしくドリンカブルな仕上がりです。

​この「Queen's Session Hazy」の心地よいヘイジーなビートを楽しんでください!

Pairing Foods:
リパナチョス、フィッシュアンドチップス